Haru’s official Blog

お尻は、美しく、セクシーで、カッコイイ。

タモリさんの”お尻論”と、Haruの”お尻論”、あなたの”お尻論”は?

タモリさんの”お尻論”と、Haruの”お尻論”、あなたの”お尻論”は?


最近、お尻に関する20年以上前の本を読んでいて、

 

その中でタモリさんのお尻論が興味深かったので、

 

私・Haruのお尻論とあわせて、記事にしてみたいと思います。

 

タモリさんの”お尻論”と、Haruの”お尻論”、あなたの”お尻論”は?

 

1 タモリさんが好む”お尻”と、私が好む”お尻”

 

タモリさんが好むお尻

 

・少し小さめのお尻

 

・ほんのわずかに左右非対称なお尻

 

・ちょっとだけ形が崩れているお尻

 

・もち肌で”和”のお尻

 

私が好むお尻

 

・ボンっと存在感がある大きいお尻

 

・左右対称が望ましい

 

・キュッと上がった丸いお尻

 

・スベスベで小麦色の肌、外国人女性のお尻

 

タモリさんが好むお尻と、

 

私の好むお尻とを比較してみると全く合わない(笑)。

 

タモリさんの『友達はいらない』とか、

 

『一生懸命なヤツは去れ』とか、

 

『だいたいでいいんだよ』とか、

 

そういったところはピッタリ考え方が合うんですが、

 

お尻に関してはどうも合わないようです。

 

2 破調の美がお尻の魅力を高める

 

『破調の美がお尻の魅力を高める』

 

というのがタモリさんのお尻論なんですが、

 

左右対称でツルンっとプリンっとした美巨尻が好きなので、

 

私はパーフェクト!っていうのが魅力を高めると思っています。

 

黒子(ほくろ)があったりとか、

 

できものがあったりとか、左右非対称なのは魅力半減。

 

ここも合わないようですね。

 

3 タモリさんは”堂々としたもの”が苦手らしい

 

これで「なるほど」と自分の中で思えました。

 

私が好きな外国人女性のプリンプリン美巨尻って、

 

「どうだっ!」っていう感じで堂々としてます。

 

ボンっと大きくて存在感があるお尻なので、

 

タモリさんが苦手なのも納得。

 

あとタモリさんのお尻論を読んで、

 

”自然な感じ”とか”人っぽさ”に惹かれるのかなと思って、

 

だから黒子があるお尻とか、

 

左右非対称なお尻を好まれるんじゃないかと。

 

うーん、なるほど、流石タモリさん。

 

おわりに

 

タモリさんと私のお尻論って全然合いませんが、

 

タモリさんに”深さ”や”圧倒的な差”を感じました。

 

このタモリさんのお尻論って、

 

本の発売年月日からして50代半ばのものだと思います。

 

当時私は10代半ばで、この本を読んでいる現在でも30代半ばと、

 

タモリさんとは人生経験や深みが全く違います。

 

タモリさんも昔は大きいお尻を好んだことがあるのだろうか!?

 

なんていろいろと考えることがあって、

 

そこから美術について学んでみようかなと思ってみたりして、

 

もっといろんな”お尻”に触れてみようという気持ちです。

 

そしてこの記事でタモリさんと私のお尻論を、

 

少し紹介しましたが、あなたのお尻論は?

 

こうやっていろんな人の考えを知り、

 

いろんな作品や文化に触れ、多くのことから学ぶことで、

 

自分の考えを作るっておもしろそうですよね。

 

そういったことをする仲間が欲しいなと思うので、

 

ぜひそれぞれのお尻論を作ってみて下さい。